~ Day Dream ~

There's a door there , but it will not break.
There's a stone there , but it won't remain.
Up there a heavan now , but it will not wait.
And the lies there , the scent of it , just too much...

慶祝 100 HIT

雖然僅僅是100 HIT....
不過還是滿值得紀念的啦

似乎是我自己踩到的,XXXD
100 hit

來貼一下最近在迷的歌吧!!
[100 HIT 是藉口吧喂 你只是想發歌詞吧!
感叹下SH还是老专辑像样



檻中シリーズ
牢籠中 ----系列
SOUND HORIZON

01 屋根里の少女
02 檻の中の遊戯
03 檻の中の花

有興趣的去TUDOU搜吧...有的
編號是我自己編的,這3首是SH某專輯里的234曲目,不過如果看成一個故事體系的話是按我編的號碼的

01 屋根裏の少女

歌词&翻译:
注 : 本段無唱詞

屋根裏の少女
閣樓的少女

薄暗い部屋で 鎖に繋がれた
陰暗的房間中 用鎖栓着的
屋根裏の少女
閣樓的少女

窓から見える世界は 蒼く歪んだ幻想…
從窗口看見的世界是 蒼藍的扭曲的幻想…

薄暗い部屋で 狂人に飼われた
陰暗的房間中 被瘋子飼養的
屋根裏の少女
閣樓的少女

差し込む月明かりが 細い指先を導く…
射入的月光 引导着小小的指尖…

少女に与えられた 唯一の玩具は
少女被給予的 唯一的玩具是
白いキャンバスと 三色の絵の具
白色的畫布與三色的顔料

少女は 来る日も来る日も描いた
少女 日復一日的畫着
白いキャンバスの中には 全てがあるから
因爲白色的畫布裏面 有著所有事物
少女は 来る日も来る日も描いた
少女日復一日的畫着
三色の絵の具があれば 全てを描けた…
如果有了三色的顔料 那就什麽都能畫…

少女に与えられたのは
少女被給予的是
躰を屋根裏に繋ぎ止める為の 最低限の食事
爲了將身體拴在閣樓不讓出來的 最低限度的飲食
白いキャンバスと 三色の絵の具
白色的畫布與三色的顔料
少女の心は 白いキャンバスの中…
少女的心在 白色的畫布中…

白いキャンバスは 少女の世界
白色的畫布就是 少女的世界
何処へでも行くけたし 何でも手に入った
不管何處都可以去 不管什麽都可以入手
無邪気な欲望が キャンバスを埋めてゆく…
天真爛漫的欲望 填埋在畫布中

「私…お友達が…欲しいな…。」
「我…想要…朋友啊。」

柱時計は 午前零時を告げ
挂鐘 宣告了淩晨0時的到來
閉ざされた 少女の世界はやがて
关闭了的 少女的世界即刻
右手に神を 左手に悪魔を宿した…
右手中寄宿了神明 左手中寄宿了惡魔…

異変に気付いた 狂人が
发现了異變的 疯子
死に物狂いで 少女の細い頸を絞める
拼命地 掐住少女的細細的脖子

「そんなに悲しそうな顔をして…どうしたのパパ?
「做出那麽悲傷的表情…怎麽了爸爸?
そうだ…パパの幸せを描いてあげる。」
对了…我來描绘爸爸的幸福吧。」

薄暗い部屋で 埃をかぶった
陰暗的房間中 佈滿灰塵的
屋根裏の…
閣樓中…

赤いキャンバスと 空になった絵の具…。
赤色的畫布和 擠空的顔料…



02檻の中の遊戯

歌词&翻译:

檻の中の遊戯
籠中的遊戲

薔薇を想わせる緋色の口紅(ローズレッドルージュ)  唇には嘘吐きな約束を
讓人聯想到薔薇的緋色口紅(Rose red rouge)  唇邊説謊的約定
昇り詰めて崩れ堕ちた その夜に花束を…
湧起崩落 那一晚將花束…

(檻の中の遊戯)
(籠中的遊戲)

寂れた洋館 追い詰めた壁際 美しき獲物
萧条的洋館 追逼到墙邊 美丽的獵物

(檻の中の遊戯)
(籠中的遊戲)

軋む床 浮き上がる身体 月明かり差し込む窓辺…
吱嘎作響的地板 浮現的身體 月光滲入的窗邊…

細い頸に絡みついた 浅黒い指先が
纏上細細的脖子的 淺黑的指尖
食い込んでも離さないで 最期まで抱いていた…
即使深嵌入肉也無法放手 至死相擁…

(檻の中の遊戯)
(籠中的遊戲)

仄蒼い庭 錆付いたスコップ 花を敷き詰めた棺
昏藍的庭園 生銹的鐵鍬 鋪滿花瓣的棺材

(檻の中の遊戯)
(籠中的遊戲)

突然の閃光 歪んだ銃声 眩い環状の終端(Loop End)…
突然的閃光 歪曲的槍聲 炫目的環狀的終端(Loop End)…

あの悲鳴は(歌声が) 葡萄酒(ワイン)のように
那悲鳴(歌聲)有如Wine(葡萄酒)一般
罪は月夜より甘く
罪孽在月夜中更显醉人
堕ちてゆく詩は狂気(ルナ)を孕んで
墮落的詩中孕育著瘋狂的氣息(Luna)
闇を照らし躍らせる…
照亮了黑暗而跃动…

煌く瞬間(とき)の宝石(いし)を 集めては打ち砕く
將燦爛的瞬間的寶石 集結起來打碎
忘れるまで思い出して 失うまで逃がさない…
直到忘却了才想起 直到失去前无处可逃…

(檻の中の遊戯)
(籠中的遊戲)

歪な螺旋 幾度目かの覚醒 あの笑い声が響く
歪曲的螺旋 數度的覺醒 那個笑聲響起

(檻の中の遊戯)
(籠中的遊戲)

早くしなければ また夜が明けてしまう
如果不趕快的話 天又要亮了
もう一度この手で彼女を…
再一次用這雙手將她…

(懐かしい屋根裏の調)
(令人懷念的閣樓的曲調)

追憶は甘い果実 水面に揺れる淡い月のように
追忆是甘甜的果实 猶如水面搖動的淺月
檻の外へ手を伸ばしても 滑り堕ちる針は止められない
即使手伸向籠外 滑落的針也無法停止
蛹はいづれ蝶になると知り 逃げないよう羽を毟る
既然明白蛹縂有一天會變成蝴蝶 那就將翅膀拔掉讓它無法逃走
せめて愛し合った証が欲しい 永遠に消えない傷痕を…
至少留下相愛過的證明 將永遠消不去的傷痕…

(忘レモノハ在リマセンカ…?)
(没有忘却了的东西吗…?)

法が統べる檻の中で
律法所監管的牢籠中
終われない悪夢(ゆめ)を視ている
看着無法結束的噩夢
愛しい女性(ひと)を永遠(とわ)に渡り
將深愛的女性交給永遠
殺め続ける物語…
持續着殺戮的故事…

(その檻の中にいるのは誰…?)
(在那笼中的是谁…?)




03 檻の中の花

歌词&翻译:

檻の中の花
籠中之花

殺戮の舞台女優『Michèle Malebranche』
殺戮的舞台女演员『Michèle Malebranche』
その生涯には、あまりにも奇怪な謎が多い。
她的一生,有着非常多奇怪的謎團。
彼女が犯罪史の表舞台に登場する事三度に渡り、
她三度在犯罪史的表舞台登场,
そのいずれもが狂気に満ちた幻想の戯曲として知られている。
無論是哪一次都作爲充满着瘋狂幻想的戲劇而爲人熟知。

(殺戮の舞台女優『Michèle Malebranche』
殺戮的舞台女演员『Michèle Malebranche』
彼女が犯罪史の表舞台に登場する事三度に渡り、
她三度在犯罪史的表舞台登场,
その短い生涯に於いては多くの奇怪な謎が残されたまま
在给那个短暫的生涯中,留下了許多奇怪的謎團
今だ完全には解明されていないのである。)
至今仍無法完全解明。

(初舞台「パパの幸せを描いてあげる…」en 21 Novermbre 1887)
(初次的舞台「我來描绘爸爸的幸福吧…」on 21 November 1887)

実父『Joseph Malebranche』の凄惨な変死事件
亲父『Joseph Malebranche』凄惨的横死事件

証拠不十分及び、年齢に対する
证据不充足,而且就年齡而言
殺害遂行能力に疑問の声が上がる。
是否具有實行殺人的能力也存有疑問。
現実と幻想の境界を認識出来ていない類の言動を繰り返し、
反復出現不能认识现实和幻想之間的界限之類的言行,
行動にも尋常ならざる点が多々見受けられた…。
行动上也發現了有許多不尋常的地方…。

(識られざる幕間劇)
(不爲人知的幕閒劇)

鮮朱から冷蒼へ(De rouge vif au bleu froid) 移り変わる 舞台の上に女優(Actrice) を呼ぶ
从鮮紅向冷蒼(From sharp red to cold blue) 過渡的 舞台之上召喚着女演員(Actress)的出現
街角の影(Silhouette) 手招くのは 闇(Tenebres) を纏った貴婦人(Dame noble)
街角之影(Silhouette)所招手的是 暗色(Darkness)纏身的貴婦人(Noble lady)

素早く抱き寄せ 首筋に熱い接吻(Baiser)
趕快擁到怀里 脖颈上炙熱的接吻(Kiss)

少年(Garcon)の液体(Sang)は仄甘に 血赤色(Rouge)の陶酔感(ゆめ)を紡ぎ
少年(Boy)的液體(Blood)是微甜的味道 編織着血紅色(Rouge)的陶醉感(夢)
永遠(とわ)の夜(Nuit)に囚われた 花(Fleur)は咲き続ける…
囚禁在永遠的夜晚(Night) 花朵(Flower)持續綻放…

(二度目の舞台「もう一度この手で彼女を…」en 30 Juillet 1895)
(第二次的舞台「再一次用這雙手將她…」on 30 July 1895)

養父『Armand Ollivier』の手による絞殺・死体遺棄未遂事件
養父『Armand Ollivier』親手絞殺・屍體遺棄未遂事件
深夜、半狂乱で笑いながら庭に穴を掘っている所を、
深夜、半發瘋地在庭院中一邊挖洞一邊發笑的他、
近隣住民の通報によって駆けつけた警察官に拠り逮捕。
被接到附近居民通知而趕到的警察逮捕。
その後、『Ollivier』は獄中にて完全に発狂した…。
之後、『Ollivier』在獄中完全的瘋掉了…。

(識られざる幕間劇)
(不爲人知的幕閒劇)

鮮朱から冷蒼へ(De rouge vif au bleu froid) 移り変わる 舞台の上に女優(Actrice) を呼ぶ
从鮮紅向冷蒼(From sharp red to cold blue) 過渡的 舞台之上召喚着女演員(Actress)的出現
街角の影(Silhouette)佇むのは  闇(Tenebres) を纏った令嬢(Mademoiselle)
街角之影(Silhouette)所停駐的是 暗色(Darkness)纏身的小姐(Miss)

激しく愛して 花弁(Un petale) が堕ちるまで
激烈的愛戀 花(A petal)飛隕墮
女(Michèle) の勘を甘くみないで 貴方(Monsieur) が愛してるのは
不要小看女人(Michèle)的直覺 您(Mister)所愛着的是
しなやかな若い肢体(Jeunesse corps)  それは…『私』( Bobo) じゃない…
逆來順受的年輕肢體(Youth body) 那個……並不是『我』(Sore)…

(三度目の舞台「少年の液体は仄甘く」en 4 Fevrier 1903)
(第三次的舞台「少年的液体是微甜的味道」on 4 February 1903)

『Michèle Malebranche』による青少年連続拉致殺害事件
『Michèle Malebranche』所犯的青少年連續綁架殺害事件
『Rouen』郊外の廃屋にて多数の腐乱死体が発見される。
『Rouen』郊外的廢屋処發現多具的腐爛屍體。
当時行方不明となっていた十三人の少年達は、変わり果てた姿で
当时行蹤不明的十三个少年,以面目全非的姿態
干亁びたような老婆『Michèle』の遺体に折り重なっていた…。
堆叠在呈乾癟老太婆外貌的『Michèle』的遗体上…。

(自称…天才犯罪心理学者『M.Christophe Jean-Jacques Saint-Laurent』曰く)
(自称…天才犯罪心理学者『M.Christophe Jean-Jacques Saint-Laurent』曰)

「彼女がどんな魔法を駆使したのか、それは私が識り及ぶ所ではないのだが、
「她到底使用了怎樣的魔法、雖然這在我的認知範圍之外,
殺害動機という観点でのみ論じるならば、答えは明白である言わざるを得ない」
但單就殺人動機的視角而言、其答案可説是呼之欲出」

「彼女は、自らを閉じ込め狭い檻の中から抜け出したかったのでしょうな
「她啊,是想從困住自己的狹窄的牢籠中逃脫吧。
…それも極めて偏執的なまでに。
…那个(想法)極端到偏执的地步。
…しかし、残念ながらその願望は生涯叶う事は無かった。
…但是,很遺憾那個願望在其有生之年是無法實現的。
…そして、死後一世紀を経過した今でも、彼女はその檻の中にいる…」
…然後,即使是在其死後一世紀的今天,她仍困在那籠中…」

「…何故そんな事が断言出来るのか?…良い質問だ。よろしい、誤解を招く事を承知で、
「…爲什麽能夠這麽斷言?…問得好。也罷、我也明白會招人誤會、
この『Christophe Jean-Jacques Saint-Laurent』あえてここで公言しておこう。
本人『Christophe Jean-Jacques Saint-Laurent』就斗膽在這裡明言了吧。
我々もまた、彼女と同じ檻の中にいるからだと…」
因爲我等,也呆在與她同樣的牢籠之中啊…」

(『Michèle Malebranche』の手記に遺されていた詩の断片)
(『Michèle Malebranche』遺留下的手寫的詩句的殘章)

檻(Cage)の中で咲き乱れ 枯れ朽ち果てる前に
在籠(Cage)中紛花迷亂 在枯萎凋謝之前
愛(Amour)を失くしたこの世界に… 捧ぐ…お別れの挨拶(Au revoir)
向失去愛(Love)的這個世界… 所敬獻的……別離的問候(Goodbye)

~連作幻想戯曲『檻の中の花』 (著) Noёl Malebranche
~幻想戲曲連續劇『籠中之花』 (著) Noёl Malebranche


名字解析
Joseph:约瑟。新約聖經中聖母的老公(被上帝戴了綠帽),基督的(伪)父親
Michèle:此名意为“Who is like God?”
NOёL:[法]Christmas
Christopher:源于希臘文Christophoros. 這個詞由 'Christ'和"to bear" (pherein)組成。這個名字流行于在早期基督教徒中,取“who believed they "carried" Christ in their hearts.”之意。
Armand:"an army man"之意。

Ollivier:“橄榄树”之意。圣经•撒迦利亚书四章中有这样一段
“我又问天使说:『这灯台左右的两棵橄榄树,是什么意思?』我二次问他说:『这两根橄榄枝,在两个流出金色油的金嘴旁边,是什么意思?』他对我说:『你不知道这是什么意思么?』我说:『主啊,我不知道。』他说:『这是两个受膏者,站在普天下主的旁边。』”
所以,Ollivier也许可以理解为“主旁边的人”。

Malebranche:法國某唯心主義哲學家。他認為有客觀世界的存在兩種實體﹕以廣延為特性的物質實體和以思維為特性的精神實體。客觀世界(包括人的肉體)是物質的﹐“我”是精神的﹐而人是靈魂和肉體的結合,甚至認為人的肉體也是機器。


  1. 2008/11/19(水) 13:13:58|
  2. 無所事事
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0
<<对星巴克表示绝望 | 主页 | 这算什么 = =...........>>

留言

发表留言


只对管理员显示

引用

引用 URL
http://okubiyou.blog124.fc2blog.us/tb.php/20-8e1b4ea3
引用此文章(FC2博客用户)

自我介紹

ミス金曜日

Author:ミス金曜日
腦殘初號機
爱好[痴迷?]BJD

停止音乐清按ESC

最新文章

最新留言

最新引用

月份存檔

類別

未分類 (2)
臆病 (9)
人形 (11)
翻譯 (0)
無所事事 (26)
美食日記 (5)
ネコネコ (3)

访问

メロメロ

搜尋欄

RSS連結

連結

將此部落格添加到連結